地域情報ブログ

転職ノウハウ2023.02.20

知って得する「求人票の見方」

2c7c0e8779515303cdfbb8dbcf235cd4_t.jpeg

リージョナルキャリア新潟の永田です。

『求む隊員。至難の旅。僅かな報酬。極寒。暗黒の日々。絶えざる危険。生還の保障なし。

ただし、成功の暁には名誉と賞賛を得る。』

唐突に申し訳ございません...

これは、人類初の南極大陸横断を目指し、アーネスト・シャクルトンという探検家が1914年にロンドンの新聞に出稿した、南極探検の隊員募集の求人広告です。

世界最古の求人広告と言われており、当時5000人以上の応募があったと言われている伝説の求人広告なのですが、現在の求人情報のガイドラインに照らし合わせると完全に表記NGです。

※個人的にはロマンがある大好きな広告なのですが...

現在の求人広告や求人票は、求職者の信頼を高めることを第一に、明示すべき項目が定められています。

数年前と比べると明示すべき項目も増え、「委細面談」などといった微妙なニュアンスの求人情報も減ってきましたが、求人情報を受け取る側としても、明示された情報を正しく読み取る力を高めていくことが重要です。

この力を高めることで、実際に勤務したときのイメージをより鮮明に描くことができます。

今回はそんな「求人票の見方」について、特に抑えていただきたい3点をお伝えしていきます。

①職種名・職務内容について

今現在、職種名に明確な定義はありません。だからこそ職種名から想起される一般的な職務イメージに頼ってしまうと大切な部分を見落とす可能性もあるので注意が必要です。

例えば「総務」と一口に言っても、その仕事内容は様々です。社会保険対応や設備・車両管理など一般的な総務業務を行う求人もあれば、総務に加えて人事(採用)や労務など広い領域をカバーする総務もあります。

これまでにも、総務という名称で募集していても、職務内容を確認したところ求める要件が実は採用業務経験のある人事経験者だった、などといった事例もありました。

各社それぞれで職種名やカバーしている職務領域が異なるため、職種名から受けるイメージだけでなく、職務内容も読み込むことでギャップの無い応募が可能になると思います。

②賃金・給与

気を付けたいのは、「月給」という表記についてです。

月給=基本給ではありません。月給制の場合、基本給の他に、みなし残業手当などが含まれていることもありますので、基本給の他にどのような手当がついているのか、月給の内訳を確認することが大切です。

残業代や賞与、退職金の算出に基本給が用いられることもありますので、特に基本給がいくらなのかは抑えておきたいところです。

③休日・休暇

紛らわしいのですが、「週休2日制」と書いてあると週に2日休めそうな印象を受けますが、実はそうとも限りません。

「週休2日制」の定義は、1か月の間に1回以上週2日の休みがあり、それ以外の週は週1日の休みがあること、とされています。

例えば、月の1週目だけ土日休みで、残りの3週は日曜のみ休みだとしても、「週休2日制」と表記することができます。

それに対して、「完全週休2日制」と表記されている場合は、年間を通して週2日の休みがあるということになります。

加えて気をつけなければならないのが、「週休2日制」、「完全週休2日制」ともに土日が休みとは限らないということです。

「完全週休2日制(土日)」のように休日となる曜日も確認しておきましょう。

面接時や入社してから、「思っていたのと違った...」というようなことを防ぐ意味でも、限られた情報を正しく読み取ることは重要です。

皆様がよりよい情報収集ができるよう参考になれば幸いです。

転職相談会のお知らせ

「いつかは地元に帰りたい」「地方で暮らしたい」そんな方のために弊社では新潟に特化したコンサルタントが新潟に根差した転職支援を行っております。

「今すぐではないけれど、将来的なU・Iターンに向けてまずは情報収集から始めたい」という方からも転職やキャリア、新潟での暮らしについてご相談いただいておりますので、どなた様もお気軽にご相談ください。

キャリア相談・転職相談会|リージョナルキャリア新潟|電話・オンライン相談
thumbnail
U・Iターン転職、新潟での転職を支援するリージョナルキャリア新潟のコンサルタントによる転職相談会です。U・Iターン転職のプロにぜひご相談ください。【完全無料】
https://rs-niigata.net/career/

この記事を書いた人

コンサルタント 
永田 祐介

バックナンバー

転職ノウハウ

2023.03.09

40代・50代の転職事例

リージョナルキャリア新潟の松浦です。 転職のご面談をさせていただくとよくご質問をいただくのが"年齢"の話です。 例えば新卒から長年一社で勤めてこられた方々から初めてのご転職に対しての不安や、現在の年齢から違う会社に入社することへの不安をお聞きします。 今回は実際の事例をご紹介できればと思います。

その他

2023.02.15

新潟の待機児童数の現状はどれくらい?

リージョナルキャリア新潟の中村です。 まだまだ寒い日が続き、新潟でも朝晩ともに路面が凍結する日も多いです。 今回は「新潟の待機児童数の現状」についてお伝えしたいと思います。 新潟へのUIターンを検討する中で気にされる方も多いかと思いますので、ぜひ参考にしていただけると幸いです。 新潟県全体の保育所

転職ノウハウ

2023.02.15

応募したい企業に対して優先順位を付けよう

リージョナルキャリア新潟の皆川です。 転職希望者の方と面談をさせていただくと、「どのように応募する企業を決めればよいか?」といった質問をよく受けます。 気になる企業はいくつかあるけども、どのように進めれば良いかわからない、ということですね。 今回は応募を希望する企業に対する優先順位付けの有効性につ

転職ノウハウ

2023.02.15

志望動機をどう伝えるか

リージョナルキャリア新潟の五十嵐です。 今回は直近で何度かご相談を受けた、面接での質問「志望動機」についてお伝えしたいと思います。 そもそも志望動機とは何か? 書類選考を通過して面接にすすむ、となったら、自己紹介、転職理由、志望動機・・・と準備をしていくことになります。 自己紹介は「学校を卒業して

その他

2023.01.19

どこまで通える?新潟市の通勤事情

リージョナルキャリア新潟の榊原です。 転職を考える上で、つきものになるのが職場への通勤。 特に地方部になりますと企業間も距離があり、残業が少ない会社に転職したのに帰宅時間が同じ、など想定外の出来事が起こることもあります。 今回はそんな通勤についてどこまで通えるのか、新潟駅からを起点として大まかにま

他の記事を検索する

検索

ページトップへ戻る