地域情報ブログ

転職ノウハウ2023.02.15

転職活動における応募企業は優先順位を付けるべし!

25463745_s.jpg

リージョナルキャリア新潟の皆川です。

転職希望者の方と面談をしていると、「どのように応募する企業を決めればよいか?」といった質問をよく受けます。

気になる企業はいくつかあるけども、どのように進めれば良いかわからない、ということですね。

今回は、応募を希望する企業に対する優先順位付けの有効性について考えてみたいと思います。

応募したい企業はいくつある?

みなさんは、転職先企業をどのように選定するでしょうか?もちろん人によってさまざまな基準があるかと思いますが、ざっくり以下のようなパターンに分かれるかと思います。

①「この企業に入りたい!」とピンポイントで特定の企業に狙いを定める。

② 業種を定めて、その中から選定する。

③ 職種を定めて、その中から選定する。

④ 社風、企業の成長ステージなど企業のタイプを定めて、その中から選定する。

この辺りでしょうか。

①の場合は迷いがないので(笑)、特に進め方に困ることはないでしょう。 問題は②~④のパターンです。

対象となる企業がたくさんあり、その中で気になる企業も複数出てくると思います。そうなると、冒頭の「どのように応募する企業を決めればよいか?」という疑問に当たってしまうわけです。

気になる企業の選考を一気に受ける、というのも一つのやり方ですが、私がオススメしているのが「優先順位を付けて、優先順位が高い企業の選考から受ける」というものです。

このやり方をオススメしている理由は以下の通りです。

内定には期限がある

選考が進むと、企業から内定として労働条件が提示されます。もちろん、選考を受けていた方は喜びますよね。ただ、そこに企業からのメッセージが添えられていることが多いと思います。

「1週間以内に内定承諾の可否をお知らせください」と――。

1週間の部分は10日など、企業によって異なります。中には期限を定めない企業もありますが、入社後の心証管理を考えると、承諾するならなるべく早い方がいいですよね。

優先順位を付けることでスムーズな決断を

もし、優先順位があまり高くない企業から先に内定が出たとすると、こんなジレンマに陥ります。

「より入りたい企業Bの選考結果が出るのはまだまだ先。でも、それまでに企業Aの内定に対して承諾可否を出さないといけない。Bから内定が出るとは限らないから、Aの内定を断るのも怖い。Aの内定を承諾して、Bの選考を辞退するのも後々後悔しそう・・・」と――。

このようなことにならないために、選考を希望する企業の優先順位を付け、優先順位が高い企業から順番に受けていけば、優先順位が高い内定から手にできる可能性が高まります。

そうすれば、内定を承諾する決断もスムーズにできるのではないでしょうか。

もちろん1社ずつ順番に受けるのも良いですし、優先①グループ、優先②グループというように、セグメントして受けるのも良いと思います。

いかがだったでしょうか。

このような考え方も参考にしていただき、みなさんがより良い企業に出会えることを祈っております。

転職相談会のお知らせ

「いつかは地元に帰りたい」「地方で暮らしたい」そんな方のために、弊社では新潟に特化したコンサルタントが、新潟に根差した転職支援を行っております。

「今すぐではないけれど、将来的なU・Iターンに向けてまずは情報収集から始めたい」という方からも、転職やキャリア、新潟での暮らしについてご相談いただいております。お気軽にご相談ください。

キャリア相談・転職相談会|リージョナルキャリア新潟|電話・オンライン相談
thumbnail
U・Iターン転職、新潟での転職を支援するリージョナルキャリア新潟のコンサルタントによる転職相談会です。U・Iターン転職のプロにぜひご相談ください。【完全無料】
https://rs-niigata.net/career/

この記事を書いた人

コンサルタント 
皆川 暁洋

バックナンバー

転職ノウハウ

2023.05.29

「キャリアパートナー」の必要性と選び方のポイント

リージョナルキャリア新潟の永田です。 最近、今すぐの転職ではなく中長期的なキャリアのご相談をいただくことが増えています。 皆さんは、「キャリアの相談相手」と言われて顔が思い浮かぶ人がいますか? 自分にとって良いキャリアの相談相手、言うなればキャリアパートナーに出会うことができれば、「いざ転職!」と

その他

2023.05.11

ちょうど良い田舎暮らし<新潟編>

リージョナルキャリア新潟の皆川です。 大都市圏から地方への移住理由はもちろん人それぞれですが、 「子育て」「介護」 と並んで多く挙げられるのが、「田舎暮らし」ではないでしょうか。 私自身も2012年に横浜から新潟へUターンで戻ってきましたが、大きな理由に「自然の豊富さ」「自宅でのバーベキュー」があ

その他

2023.03.17

教育熱心?意外と知らない新潟の大学事情

リージョナルキャリア新潟の榊原です。 突然ですが新潟県にある大学がどれだけあるかご存知でしょうか。 なんと国立3校、公立4校、私立14校で合計21校もあるんです。今回は新潟の大学事情をお伝えしようと思います。 都道府県別大学数ランキングでは第11位 文部科学省の令和4年度学校基本調査によると、大学

転職ノウハウ

2023.03.09

40代・50代の転職事例

リージョナルキャリア新潟の松浦です。 転職のご面談をさせていただくとよくご質問をいただくのが"年齢"の話です。 例えば新卒から長年一社で勤めてこられた方々から初めてのご転職に対しての不安や、現在の年齢から違う会社に入社することへの不安をお聞きします。 今回は実際の事例をご紹介できればと思います。

転職ノウハウ

2023.02.20

知らないと損をするかも?求人票を正しく読み取る3つのポイント

リージョナルキャリア新潟の永田です。 『求む隊員。至難の旅。僅かな報酬。極寒。暗黒の日々。絶えざる危険。生還の保障なし。ただし、成功の暁には名誉と賞賛を得る。』 唐突に申し訳ございません・・・これはアーネスト・シャクルトンという探検家が、人類初の南極大陸横断を目指し、1914年にロンドンの新聞に出

他の記事を検索する

検索

ページトップへ戻る