地域情報ブログ

転職ノウハウ2022.10.18

オンライン面接の準備と注意点について

3714305_s.jpg

こんにちは。リージョナルキャリア新潟の五十嵐です。

転職エージェント歴は12年になりますが、昨今のオンライン面接の増加具合には驚いています。

新型コロナウイルス感染状況が少し落ち着いたタイミングであっても、オンライン面接は変わらず実施されています。

オンライン面接のメリットとしては、お金と時間。

遠方の企業まで移動しなくていいので、交通費がかからない。

企業への移動時間を確保する必要がないので、短い時間で面接を受けることができます。

またマスクが不要となるので、相手の表情がわかりやすい点はお互いにメリットとも言えるでしょう。

デメリットと感じる点は、デジタル機器、接続環境が必要であること、場合によってはアプリインストールが必要になること、音声、画像以外の情報が伝わりにくい点かと思います。

意外と慣れないオンライン面接について、ポイントなりそうなところをまとめました。

参考になれば幸いです。

オンライン面接の準備、ポイント

使用されるオンライン面接ツールとデバイスの確認


面接ツールやデバイスによってアプリのインストールやアカウント作成が必要になるケースがあるので、当日焦らないように事前に確認と準備をするようにしましょう。デバイスの充電の確認も忘れずに。(80%以上あると安心です)

また、できればパソコンでの面接をおすすめします。

スマホでも対応は可能ですが、相手の顔が小さく映ってしまうデメリットがありますし、複数面接官がいるケースでは本当に小さい画像となり、面接官の表情が読みにくくなってしまいます。

中には(会話可能な)個室ブースのあるネットカフェ等で面接を受ける方もいらっしゃいますので、ぜひ活用してみてください。

※よく使われているオンライン面接ツール例

Zoom、Google meet、Microsoft Teams、Skypeなど

接続はWi-Fi環境で


一番多いトラブルはWEB接続が途切れる、もしくは不安定になるケースです。

Wi-Fi環境の用意、チェックは必ず行ってください。

また、トラブルがあった際には、冷静に対処しましょう。

接続が難しくなったケースを想定して、企業の連絡先(担当者の電話番号など)は確認しておきましょう。

マイク付きのイヤホンを用意


PC内臓のマイクよりもマイク付きイヤホンのほうが音声は間違いなくクリアなので、可能であれば利用をおすすめします。

服装は、対面面接と同様の格好で


カメラ越しでも面接官は服装までしっかり見ていますので、カメラに映らない下半身の服装も含め、きっちり面接マナーに則った服装をしましょう。

また、服装だけではなく、カメラに映る範囲も事前に確認し、私物はなるべく映らないように確認しましょう。背面は白い壁がおすすめです。

カメラ位置に注意する


スマホ、PCに関わらず「上から目線」にならないようにしましょう。

カメラの高さは顔や目線と同じくらいがいいと言われています。

正面からの画像となるため、違和感なく面接できるようです。

また面接中もできるだけカメラの方向を向いてお話されると印象は良いとされています。

明るさに注意する


明るさはとても重要です。

自分の前面から光が当たるように場所を調整しましょう。背面から光があたると影になってしまいます。

昼間であれば自然光を利用、夜間であれば明るさのある照明を中心に場所を設定してください。

ログインはお早めに


何かトラブルがあっても対応できるよう、ログインは10分前にはしておくようにしましょう。

こちらの画面で「もうしばらくお待ちください」と表示されているケースでも企業からは通知などからログインしているかどうかが分かることもあります。

ユーザーアカウントを確認


ツールによってはログインアカウントにユーザー名、画像などが表示されることがありますが、面接に適したものになっているでしょうか。

普段使っているアカウントですとビジネス感のない画像などを使用しているケースもあるかと思いますので、今一度確認しましょう。

ここまでがオンライン面接前の事前準備となります。

次に面接中のポイントについてもお伝えします。

面接中のポイント

面接中に気を付けるべきことは、基本的には対面での面接と同様ですが、より印象を良くするために以下のポイントに注意しましょう。

自分が話しているときの表情


オンライン面接では、自分がどのような表情で人の話を聞いているか、話をしているのかを確認できます。(対面ですと難しいですが)

口角を上げ、明るく見えるような表情を意識するだけで「あの人は感じがいいな」と好感を持ってもらうことができます。

相手が聞き取りやすいトーン、スピードで話し、リアクションは大きめで


相手の目をみて、口角はきちんと上げ、頭をかるくゆっくり動かしてあいづちを打つようにしてみましょう。

WEB面接は、相手との間合いも取りづらく、オンライン通話をしているとタイムラグが生じることが度々あります。

その場合、声を出して相槌をうつと、相手の発言を遮ってしまう恐れがあります。

また、話す場合にも面接では緊張から早口になりやすく、WEB面接では特に聞き取りづらくなりがちですので、ゆっくり話すことも意識しましょう。

メモの位置も確認を


WEB面接の利点として、相手が見えない机の上などにメモやペンを置いたりすることができますが、メモばかり見ていると相手からは伏し目に映ります。

メモはあってもいいのですが、最小限に。カメラの隣にメモを貼るくらいで、カメラを見て話すという姿勢を基本にしましょう。

声の大きさは普段より少し大きめに


明るくはきはきと。普段よりワントーン上げ、声のボリュームを大きめに。暗いイメージにならないよう気をつけましょう。

以上がWEB面接のポイントとなります。

WEB面接であっても、面接の内容自体はは対面とほとんど同じです。

オンライン面接に集中して臨む環境さえ整えることができれば、あとはいつもどおりです。

まとめ

オンラインツールの使用頻度は増えていますし、ツールも日々進化しています。ログインしようと思ったらアップデートが始まってしまった。。なども失敗例としてはあります。

面接前のテストログインは必須で、場合によっては私どものようなエージェントに接続テストを依頼するのもいいでしょう。

背面の白い壁が用意できない場合でもツールによってはバーチャル背景を設定できるものもあります。

オンライン面接そのものに集中するためにも準備は念入りに行いましょう。

企業にもよりますが、一次面接がオンライン、二次面接は対面での面接というケースも多く、オンライン面接で選考が完結することはまだ地方では多くありません。(やっぱり直接会いたいよね、とお話される企業が多いです)

選考が完結しない場合でも、しっかりと準備をしてオンライン面接で企業に良い印象を持ってもらった状態で、次回の対面面接に臨むというイメージがいいと思います。

転職相談会のお知らせ

「いつかは地元に帰りたい」「地方で暮らしたい」そんな方のために弊社では新潟に特化したコンサルタントが新潟に根差した転職支援を行っております。

「今すぐではないけれど、将来的なU・Iターンに向けてまずは情報収集から始めたい」という方からも転職やキャリア、新潟での暮らしについてご相談いただいておりますので、どなた様もお気軽にご相談ください。

キャリア相談・転職相談会|リージョナルキャリア新潟|電話・オンライン相談
thumbnail
U・Iターン転職、新潟での転職を支援するリージョナルキャリア新潟のコンサルタントによる転職相談会です。U・Iターン転職のプロにぜひご相談ください。【完全無料】
https://rs-niigata.net/career/

この記事を書いた人

コンサルタント 
五十嵐 卓

バックナンバー

その他

2022.10.20

地方へやってきたら生活コストは下がるのか?

リージョナルキャリア新潟の皆川です。 大都市圏にお住いで、新潟へのU・Iターンを検討されている方から多く質問されるのが「新潟で暮らしたら生活コストは下がりますか?」といったものです。 大都市から新潟へ移住&転職した場合、年収の下がり幅をどこまで許容できるのか。逆に言えば、いくらあれば生活できるのか

転職ノウハウ

2022.10.19

転職に「年齢のリミット」はあるのか

リージョナルキャリア新潟の永田です。 転職活動を始めるにあたり「年齢」を気にされる方も多いと思います。 実際に私も転職相談を受ける際、年齢についてのご相談を頻繫にいただきます。 「35歳転職限界説」は本当? 皆様の中にも、「転職するなら35歳まで」というような「35歳転職限界説」に触れたことがある

転職ノウハウ

2022.09.14

26歳・Iターン経験者の転職エージェントが考える若手オススメの転職方法

リージョナルキャリア新潟の榊原です。 同世代の20代の転職支援をさせていただくことが多いのですが、転職活動は初めてで何から考えていけばいいのか分からない。どんなことに気をつければいいのか分からない。 そんな相談も多いので、今回は新潟県内で転職を考えている20代にオススメの転職活動の進め方をご紹介い

転職ノウハウ

2022.09.07

非公開求人や潜在的な求人の探し方

リージョナルキャリア新潟の松浦です。 求人サイトなどインターネット上に出ていない求人についてご面談の際にご質問を頂くケースがあります。 色々な考え方があるかもしれませんが、こういったケースもあるのだと知っていただきたいと思い実際にあった事例をご紹介しますのでUIターン転職を検討される際にお役立てく

転職ノウハウ

2022.08.25

転職先の選び方

リージョナルキャリア新潟のコンサルタント、五十嵐です。新潟へのUターンを検討されている方からの相談では、こんなことを聞かれることがあります。 「ゆくゆくは戻りたいと考えていましたが、今回戻ることを決めました。仕事はありますか?」-と。 私たちは転職エージェントですので、ごもっともなご質問ですね。「

他の記事を検索する

検索

ページトップへ戻る