リージョナルHERO

暮らしたい場所へのリージョナル転職を成功させたHERO

新潟へのリージョナル転職を見事実現された候補者の細川陽子さん(仮名)にインタビューしました。

夫のUターンとともに、新しい土地で、新しい仕事にチャレンジ!

細川陽子さん(仮名)は大学卒業後、製薬会社に就職。横浜でMRとして活躍していた。だが結婚と同時に、ご主人のふるさとである新潟へUターンすることに。新潟でも「仕事を続けたい」と思っていたため、転職活動を開始した。今まで経験してきたMRは、転勤がつきもの。希望範囲を営業職全体に広げてみたが、地方ではなかなか女性の営業職を募集しておらず、苦戦を強いられた。しかし、ご主人も利用したという「エンリージョン」へ相談したところ、今の会社と出会うことができたという。慣れない業界で戸惑うことも多かったが、「仕事を続けてよかった」と細川さん。「新しい土地だからこそ、仕事をした方がその土地に早く慣れることが出来る。だから簡単にあきらめないほうがいいですよ」と、女性たちにエールを送る。

- プロフィールグローカルマーケティング株式会社 細川陽子さん(仮名) 26歳/大学卒
- 転職活動【転職回数】1回【転職期間】エントリーから内定まで240日間

転職前の職業・転職後の職業

職業 MR 職業 プランナー
業界 医薬品製造・販売 業界 マーケティング
仕事内容 医師や薬剤師への医薬品情報提供 仕事内容 子育て応援情報誌の企画・営業

1結婚しても、新しい土地にいっても、仕事を続けたい。

現在のお仕事はどんな内容ですか?

営業力強化のためのコンサルティングや、マーケティングリサーチなどを行っている会社で営業をしています。なかでも私が担当しているのは、『トキっ子くらぶ』という子育て支援事業の営業活動。子育て情報誌やWeb媒体に協賛してくれるスポンサーを探す仕事をしています。

入社前のご経歴を教えてください。

大学を卒業してからずっと、製薬会社でMRとして働いていました。医薬品の営業です。勤務地は、私の地元である横浜。朝早くから夜遅くまで、病院や薬局を飛び回っていました。

転職のきっかけは?

結婚を機に、夫がふるさとの新潟にUターンすることになったことがきっかけです。元々、お付き合いしている時から、「いつかは地元に帰る」と聞いていました。ただ、その時はあまり深く考えていませんでしたね。ちゃんと考えるようになったのは、いよいよ結婚が決まってからです。やはり、はじめは少し悩みました。両親も反対していましたし。しかし、思い切って行くことに決めました。仕事は続けたかったので、前職で事情を話すと、一度は新潟への転勤を認められました。ただMRは全国転勤がつきもの、今後も続けていくのは難しいなと感じ、転職を考えるようになりました。

転職活動はどのように進めましたか?

実は、夫がエンリージョンさんを通じて転職活動をしており、私も同じくお世話になることにしました。最初はインターネットやハローワークを利用して、自分で探していましたが、どう探せばよいか、全然わかりませんでした。とりあえず医療系で探してみましたが、MRはどこも全国転勤が前提。医療事務だと資格が必要ですし、なかなか自分に合う仕事を見つけられませんでした。そこで、エンリージョンのキャリアコンサルタントの方にも相談し、希望職種を営業全体に広げてみたのですが、女性が挑戦できる営業職の募集もあまりありませんでした。私の場合は、夫の実家がある長岡市限定で探していたので、余計に少なかったのかもしれません。それでもなんとか2社を紹介してもらい、そのうちの1社が今の会社です。

今の会社に決めたポイントは?

経験したことのない分野でしたが、単純におもしろそうだと思ったことが決め手です。地域密着型の会社で、地域に貢献できそうだな、と。特に、子育て支援事業には興味を持ちました。私自身も結婚して、子育てのことが気になっていましたし、私のように県外から来た人には役に立つ情報だと思います。場所も長岡で、転勤もありません。収入面では希望通りとはいかなかったのですが、他の条件が合致し、ここでがんばってみようと思いました。

2新しい土地だからこそ、仕事を続けてよかった。

転職していかがでしたか?

前職とは全然違う業界なので、毎日が勉強ですね。使う用語も違いますから。営業すること自体の方法はわかるものの、具体的にどう進めてよいかがわからない。周りの人のやり方を見たり、教えてもらったりしながら、勉強しているところです。簡単にはいきませんが、苦労とも思っていません。営業としての基本的な部分は共通しているので。やりがいもありますしね。また、勤務時間が決まっているのもうれしいです。以前は、朝早くから夜遅くまで働いていましたが、現在は18時を目途に帰宅できますから。

生活面での変化はいかがですか?

現在は、長岡で夫の両親と同居しています。義両親も私が仕事を続けることを理解してくれ、夕食もほぼ義母が作ってくれるので、助かっています。長岡はとても暮らしやすいです。ごみごみしてないし、自然が多く、買い物にも困りません。雪が多いのにはびっくりしましたが(笑)。また長岡に来て、新しい趣味も始めました。フラダンスです。土日に通っていますが、とても楽しいです。友達もできますしね。

困っていることや課題はありますか?

雪道を運転するのはこわいですね。横浜では、雪が積もると危ないので、車で外に出てはいけないと思っていました。ところが長岡では、雪でも皆さん平気で外出するので、最初は衝撃でした(笑)。たくましいなぁ、と。

地元の横浜を離れるのは、淋しくありませんでしたか?

それはありましたね。夫から「頻繁に帰省してもいいよ」と言ってもらっていたので、こちらに来てからしばらくの間は、月に2回は横浜に帰っていました。しかし、長岡での生活に慣れてからは、帰る回数が減りましたね。

転職してよかったと思うことは?

地域に住む色々な人と会えるのがうれしいです。人と話すことが好きなので。自分の視野も広がりました。前職でお付き合いがあったのは、医療関係の方ばかり。私自身、道を歩いていても、病院や薬局しか見ていなかったのですが、今では、色々な会社やお店の方とお会いし、勉強になっています。転職活動は苦労もしましたが、仕事を続けてよかったと思いますね。会社で新しい人間関係もできましたし、仕事をしているからこそ、この街にも早く慣れることができたと思います。専業主婦になっていたら、きっともっと淋しかったのではないでしょうか。

転職を考えている人にアドバイスをお願いします。

女性の観点からいうと、仕事を簡単にあきらめないほうがいいと思います。旦那さんの事情だけで、今までの経験や、やりがいや、つながりが閉ざされてしまうのはもったいないと思いますよ。エンリージョンさんのような会社に相談するのもおすすめします。1人で考えるよりも、視野が広がります。私もなかなか見つからなかったときに、担当のコンサルタントの方に相談しながら視野を広げていきました。本当に助かりました。


コンサルタントの紹介へ

株式会社エンリージョン 永田 祐介

「これから移り住む新潟県長岡市で、仕事と家庭どちらも思い切り取り組んでいきたいです!」と面談時に力強くお話頂いた事を鮮明に覚えております。活動当初は希望エリアでご提案できる求人が少なかった事などから、なかなかお話が前に進みませんでした。しかし、細川さんに希望業界、業種の幅を広げてもらうなど、あきらめず自身の可能性を信じ、二人三脚で動き続けたことで、現職であるグローカルマーケティング社にご縁を頂けた時はとても嬉しかったですね。面接では、同社の管理部門を担当されている代表の奥様にもご同席頂きました。女性の視点から今後の働き方の提案や出産、育児などライフイベントへの理解など、本人の不安を取り除き、背中を押して頂いて、晴れやかな表情でご入社を決めて頂きました。現在は同社の子育て支援事業に携わり、移り住んだ長岡市で仕事も家庭も充実した毎日を送っていると聞いております。

専門のキャリアコンサルタントがあなたの転職活動を無料でサポート!

エントリー いますぐ転職をお考えの方へ! プレエントリー いつかは転職とお考えの方へ!

ページの先頭へ

展開拠点

求人検索

地域で探す
業種で探す
職種で探す
面談会情報を探す
転職ノウハウコンテンツ
リージョナルキャリア新潟