地域情報ブログ

企業2022.04.20

コメリ創業70周年記念企画「ガーデニングフォトコンテスト2022」開催

弊社のお取引企業である株式会社コメリは、2022年4月6日(水)から7月18日(月)までの期間でInstagramにて応募できる「ガーデニングフォトコンテスト2022」を開催します。

株式会社コメリ.jpg


「ガーデニングフォトコンテスト」について


 「ガーデニングフォトコンテスト」は、ガーデニングや家庭菜園など、日々の生活の中で植物を育てることを楽しんでいただきたいという想いから2000年より開始し、今回で26回目を迎えます。これまで数多くの素敵な写真の応募があり、応募総数は延べ1万件を超えました。

 季節の花でおうちのガーデニングや家庭菜園をする様子をスマホで撮影し、コンテストに応募。前回に引き続き今回も、Instagramからご応募できます。 グランプリ受賞者にはガーデニンググッズまたはコメリギフトカードが贈呈されます。また、投稿写真は株式会社コメリWEBサイトに掲載されます。


Wチャンスあり!投稿する前に「Breezy Green」マークをチェック!


さらに今年はコメリ創業70周年を記念して特別企画も実施。当社のオリジナルブランドである「Breezy Green」のお花を撮影・投稿してくれた方の中から、抽選で70名様にコメリギフトカード3,000円分をプレゼント!


▼外部リンク
株式会社コメリ ホームページ
https://www.komeri.bit.or.jp/news/2022/2022_04_06.html

【株式会社コメリ 求人内容】
■職務内容:ホームセンター業界NO.1 店舗数のネットワークと、グループ企業の情報・物流・金融システムを活かして、リアルとネットを融合させたオムニチャネル化を進める仕事です。
【具体的には】
・オムニチャネル活用の企画・推進
・スマホアプリ活用の企画・推進
・EC化率の向上
・キャッシュレス・クレジットカードとの連携推進
■雇用形態:正社員
■想定年収:550万円~700万円
■採用条件:高校卒業以上、自動車普通免許(AT限定可)
■必要業務経験:以下のいずれも
・EC事業に関わるマネジメント経験5年以上
・プロジェクトマネジメント経験5年以上
■勤務地:新潟県新潟市
■転勤の有無:あり
■休日休暇:月8~10日(シフト制) 慶弔休暇 有給休暇 特別休暇 産休・育休制度 介護休業制度 ※年間休日111日
■詳細はこちらhttps://rs-niigata.net/job/detail/4/27490
※2022年4月現在の内容になります。

この記事を書いた人

リージョナルキャリア新潟

バックナンバー

その他

2022.10.20

地方へやってきたら生活コストは下がるのか?

リージョナルキャリア新潟の皆川です。 大都市圏にお住いで、新潟へのU・Iターンを検討されている方から多く質問されるのが「新潟で暮らしたら生活コストは下がりますか?」といったものです。 大都市から新潟へ移住&転職した場合、年収の下がり幅をどこまで許容できるのか。逆に言えば、いくらあれば生活できるのか

転職ノウハウ

2022.10.19

転職に「年齢のリミット」はあるのか

リージョナルキャリア新潟の永田です。 転職活動を始めるにあたり「年齢」を気にされる方も多いと思います。 実際に私も転職相談を受ける際、年齢についてのご相談を頻繫にいただきます。 「35歳転職限界説」は本当? 皆様の中にも、「転職するなら35歳まで」というような「35歳転職限界説」に触れたことがある

転職ノウハウ

2022.10.18

オンライン面接の準備と注意点について

こんにちは。リージョナルキャリア新潟の五十嵐です。 転職エージェント歴は12年になりますが、昨今のオンライン面接の増加具合には驚いています。 新型コロナウイルス感染状況が少し落ち着いたタイミングであっても、オンライン面接は変わらず実施されています。 オンライン面接のメリットとしては、お金と時間。

転職ノウハウ

2022.09.14

26歳・Iターン経験者の転職エージェントが考える若手オススメの転職方法

リージョナルキャリア新潟の榊原です。 同世代の20代の転職支援をさせていただくことが多いのですが、転職活動は初めてで何から考えていけばいいのか分からない。どんなことに気をつければいいのか分からない。 そんな相談も多いので、今回は新潟県内で転職を考えている20代にオススメの転職活動の進め方をご紹介い

転職ノウハウ

2022.09.07

非公開求人や潜在的な求人の探し方

リージョナルキャリア新潟の松浦です。 求人サイトなどインターネット上に出ていない求人についてご面談の際にご質問を頂くケースがあります。 色々な考え方があるかもしれませんが、こういったケースもあるのだと知っていただきたいと思い実際にあった事例をご紹介しますのでUIターン転職を検討される際にお役立てく

他の記事を検索する

検索

ページトップへ戻る