採用が経営を変えた瞬間 代表取締役社長 上村 正雄氏

わくわくするような仕事をしよう。
お客様と自分たちの幸せのために。

株式会社NS・コンピュータサービス / 代表取締役社長 上村 正雄

Vol.4

株式会社NS・コンピュータサービス
代表取締役社長 上村 正雄

新潟県出身。工業高校卒業後、日本精機株式会社に入社。1985年、株式会社エヌ・エス・コンピュータ・サービス(現:株式会社NS・コンピュータサービス)の設立とともに転籍。企画部長、開発本部長、常務取締役を経て、2011年に代表取締役社長就任。
※所属・役職等は取材時点のものとなります。

更新日:2019年2月20日

18人で親会社から独立。現在は500人の従業員と共に

当社は車載用計器やセンサ製品で世界的なシェアを持つ日本精機(新潟県長岡市)の情報部門を独立させる形で、1985年に設立された会社です。私は新卒で日本精機に入社し、当社の設立と同時に移ってきました。最初は親会社の仕事を受けながら、徐々に一般のお客様の仕事を増やしてきました。立ち上げ当時の社員は18人。その時、現在の会社の姿は全くイメージしていませんでしたね。今では売上は約90倍、従業員も500人になり、30倍以上になりました。

会社が大きく成長することになった転機は、組込み技術(エンベデッド事業)を始めたことです。親会社が手掛けているスピードメータが、機械式から電子製品に移り、スピードメータの中にもソフトが必要になってきました。そこで組込み技術部門に人手が必要になり、従業員が一気に増えました。現在も社員の半分、技術者の半分以上が組込み技術に携わっています。今後も組込み市場は世界的に拡大していきますし、この部署は今も人が足りない状況です。

リーマンショックを機に二次請け企業から提案型企業へ

私が社長になる前は、組込み技術以外の部署は派遣社員が中心でした。当時はメーカーの下請取引が多かったのですが、リーマンショックの際に世界中で仕事が無くなり、当社も売上が3分の2になりました。60億が40億に減ったんです。しかもメーカーからは仕事が来ない。危機の時には、メーカーが先に守るのは自分の会社や社員ですから、メーカーの下についていてはダメだと感じましたね。そこで、社長に就任してからは自社で営業をしていく方針に転換し、二次請けを止めていきました。組込み技術に加えて、システム開発に力を入れ、ERPパッケージや自治体や学校などの公共関連の業務システムといった分野を広げてきました。

今後も事業の柱のひとつは組込み技術です。当社には200人以上の組込み技術の人財がいます。それだけの人財がいるのは新潟県内では当社だけ、近隣県を見ても他に見当たりません。今後はモデルベース設計が主流になってくるので、そこを強化する方針でモデルベースの知識がある人財を求めていますね。ソフトだけでなく、ハードも含めて外販の主力にしていきたいと思っています。

グローバル展開に挑む企業をシステムでサポートしていく

もうひとつの柱になるのがERPです。システム開発は、以前は会社に合ったものをひとつひとつ作っていた時代がありましたが、今後はERPのようにある程度決まったものを使って、安く、早く導入し、それをグローバルに広げて活用していく流れです。さらに、受注から会計までの流れの管理だけではなく、企業活動のさまざまなデータを分析し、それを“見える化”することも求められてきます。ものづくりは、品質の高いものは日本で作り、安価なものは海外で作るという流れは続くと思いますので、国内外の拠点からのグローバルな情報をどうヘッドクォーターに集め、どう見せて、どう分析するかということが重要になってきます。当社としてはERPを核に、そうしたニーズにも応えていきたい。それゆえ、ERPについては、プロジェクトマネジメントができる人財や、分析・シミュレーションの技術、IoT、AIに長けた人財も必要になってくると考えています。お客様の幅も広がり、これまでの製造業に加え、小売りのお客様のお手伝いもしています。眼鏡、カバン、マットレスなど、ジャンルもさまざま。みなさん広く活躍している有名メーカーで、まず国内拠点にERPを入れて、次に海外拠点に展開していくという動きをサポートしています。この分野も今後、拡大していくと期待しています。

時代のスピードに乗るためには即戦力となる存在が不可欠

当社はプロパーとキャリアで分けると、3分の1がキャリア入社。管理職も同じ割合ですね。キャリア入社の方が活躍しやすい風土は出来ていると思います。当社は業務系システム開発も、組込み技術も、ネットワークインフラも手掛けているので、様々なバックボーンを持つ方が、何らかの分野で活躍できる環境だと思います。私がキャリア入社の方に期待するのはスピードです。今は時代が変わっていくスピードがとにかく速い。もちろん社内でも教育はしていますが、それを待っていると遅れをとってしまいますから、スピーディーに対応していくためには、技術を持っている方に来ていただいて取り組むことだと考えています。

また、二次請けではなく、自分たちでサービスを考えて、直接お客様へ提供していくスタイルを進めていくには、やはり新人だけでは難しい。そこに即戦力が必要なんです。そして、新潟の会社ではありますが、国内外の様々なエリアの顧客と仕事をしているのでグローバルに動くことができる人財も、やはり必要です。グローバルという視点では、ベトナム、タイ、ニュージーランド、中国、マレーシア、ミャンマーなど、海外出身の社員も10人ほどいます。将来的には外国人採用も必要で、いまはそのスキーム作りの段階だと考えています。

キャリア入社の方は、培った技術や人脈をもとに、既存社員とコミュニケーションをしっかり取りながら仕事に向かってもらえれば、やりたいことができる。実はここが大切で、新潟県人は真面目な人が多いので、急に奇抜なことを言われると引いてしまうこともあるかもしれません(笑)。 逆に、しっかり意思が伝われば、まとまるのも早いです。キャリア採用で、いまタイでマーケティングに携わってもらっている社員は、タイの需要を現地調査し、当社に何ができるかということを組み立てて、会社に提案しながら新たなことを進めてくれているので、期待していますね。周囲の社員も影響を受けて、良い意味で引っ張られる形で進み始めている感覚はあります。

わくわくしなければ、良いものは作れない

私は社員からの意見、提案に対して、あまり反対はしません。私の考えのどこかに当てはまっていれば受け入れようと思いますし、その許容範囲は大きくしておくように意識しています。「何事も考えているだけでは結果は出ないし、やってみて、だめなところは直せばいいんじゃない?」というスタンスです。私自身も日本精機時代から、上司に提案することは多かったですね。それゆえボトムアップの事案が多いと思いますし、やりたいことがあれば、やれる風土ではあると思います。先日エンリージョンさんの紹介で、人財育成の部門に入社してくれた社員も、本人の提案で、定時退社日の夜や週末に社員と協力会社の方を対象にしたヒューマンスキル啓発の塾を開催してくれています。社員も少しずつ影響を受けているようで、想像していた以上にフィットしてくれて、今後にも期待しています。

社内では、私の提案で数年前から「わくわく大作戦」という企画をやっています。青山学院大学が毎年、箱根駅伝に作戦名をつけているところから思いついたのですが、毎年社員から仕事でわくわくしたエピソードを募集し、表彰を行っています。なぜそんなことを考えたかというと、社員はみんな仕事を一生懸命やっているけれど、言われたことだけをやっていることが多いのではないかと感じたんですね。仕事は自ら考えて、提案して、自分がわくわくしながら取り組まなければ良いものはできないでしょう。「同じやるなら、楽しく仕事をしよう、そしてお客様にも喜んでもらおうよ」というメッセージを込めています。そうなっていくことで、当社の社是「顧客の満足と社員の幸せを実現するために業界NO.1に挑戦する」が実現していくと思っています。

また、当社にはジョブローテーション制度があって、社員が部署異動の希望を申し入れることができます。東京にも拠点があるので、家庭の動きに合わせて勤務先を変えることもできます。新潟出身で関東へ出て家庭を持っているけれど、新潟にいる親の面倒を見たいということで新潟の拠点へ異動して、いつかはまた東京の拠点へ戻る、ということもできる。ライフスタイルの変化に柔軟に対応できる環境であることも、社員の幸せのために大切だと考えています。

編集後記

柔らかい語り口で、お人柄も穏やかな上村社長ですが、「業界No.1に挑戦する」というメッセージからは、TOPとしての熱く、強いメッセージが伝わってきました。同社の発展を高い技術力を有する200人超のエンジニアの方々が支えていることは言うまでもありませんが、同社発展の神髄は、「人が育つ環境」にこそあるように感じました。同社社員の方々にもインタビューを行う機会をいただいた際、同社の強みとして「自由」をあげられていた方が複数いらっしゃいました。これは、より良いモノを作る為に、前例にとらわれることなく「自由」な発想で提案できる環境があることが、NS・コンピュータサービスの強みであるということでした。社長の「わくわくするような仕事の先にNo.1がある」というメッセージを社員一人ひとりが自分事として受け取り、それを体現している姿から同社の発展は今後も続いていくものと確信しました。

文:リージョナルスタイル認定コンサルタント 永田 祐介

PAGE TOP

求人検索
地域で探す
新潟市 長岡市 三条市 柏崎市 新発田市 小千谷市 加茂市 十日町市 見附市 村上市 燕市 糸魚川市 妙高市 五泉市 上越市 阿賀野市 佐渡市 魚沼市 南魚沼市 胎内市 北蒲原郡
職種で探す
営業系 事務・管理・企画系 サービス、販売、運輸系 Web・クリエイティブ系 専門職(コンサルタント、金融、不動産) ITエンジニア 電気、電子、機械技術者 素材、食品、医薬品技術者 建築、土木技術者 教育、医療、福祉 その他
業種で探す
IT・通信 金融・保険 メーカー(電気・電子・機械系) メーカー(素材・消費財・医薬・食品・その他) 商社(電気・電子・機械系) 商社(総合商社・素材・消費財・医薬・食品系) 流通・小売・サービス 専門コンサル・ビジネスサービス 広告・出版・印刷・マスコミ 建設・土木・不動産 その他
注目キーワードで探す
上場企業 トップシェア グローバル 管理職 幹部 マネージャー 管理部門 30代 【キーワードを入力】
相談会情報を探す